胸郭出口症候群

  • 安静時でも腕にだるさやしびれがある
  • 腕を挙げていると腕全体的がだるくなる。
  • 腕を挙げていると手に痛みやしびれを感じる
  • 手が冷たく感じることがある
  • 野球、バレーボールなど腕を挙げるスポーツをしていて上記のような症状がある

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群は、首から腕に通じる神経の通り(胸郭出口)で、神経が圧迫されることで発症します。

首から腕に向かう神経は、腕神経叢と言い、胸郭出口で腕神経叢が圧迫、または絞めつけられると、腕に痛みやしびれ、冷感などの症状を発症します。

なで肩体型の方は特に多いと言われていますが、いかり肩、また野球、バレーボールなど腕を挙げるスポーツをしていてる方にも起こると言われています。

 

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群は、胸郭出口が狭くなることで神経(腕神経叢)や血管(鎖骨下動脈・静脈)が圧迫され、起こると言われています。狭くなる原因は大きく3つあります。

①斜角筋症候群

首の前方から第一肋骨につながる、前斜角筋と中斜角筋という筋肉が存在します。前斜角筋と中斜角筋の隙間を斜角筋隙と呼び、この隙間には腕に通じる神経が存在します。

前斜角筋と中斜角筋の二つの筋緊張が強くなる事で、神経が通っている隙間が徐々に狭くなり神経を絞めつけ圧迫し、斜角筋症候群を発症します。

②肋鎖症候群

斜角筋隙を通過した神経は、次に第一肋骨と鎖骨の間に存在する、肋鎖間隙を通ります。その隙間が狭くなる事で神経や血管を締め付け、圧迫し肋鎖症候群を引き起こします。

先ほど、なで肩には胸郭出口症候群の発症が多いと述べましたが、なで肩は、鎖骨と肩甲骨が下制(下に移動した状態を指す)になっています。肋鎖間隙が通常に比べ狭くなるため神経が圧迫され、肋鎖症候群を引き起こしやすいのです。

③過外転症候群

肋鎖間隙を通過した神経、血管は、胸の筋肉である小胸筋の下に存在する小胸筋下間隙を通過します。

小胸筋が強く緊張した状態から腕を外転(横から上に挙げる動作)すると、神経、血管に対して、絞めつける力、同時に引き延ばされる力が加わります。

つり革を握るなどの肩を挙げる動作や、重たいものを持つ動作によって過外転症候群を発症します。

 

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院の胸郭出口症候群の治療

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院で行う胸郭出口症候群の治療では、最初に首のアーチを整える、首の矯正を行います。骨格の歪みを取り除くこと、姿勢を良くし、胸郭出口で神経、血管が圧迫されにくい状態を作ります

矯正といっても、バキバキしたり、首を強くひねったりしません。歪んでいるところに、指でゆっくりと圧をかけて、正しい方向へ整えていきます。矯正を受ける感じは、ツボをゆっくり押され、ジーンとひびく、感じがするくらいです。

首のアーチを整えた後は、各症候群によって神経や血管を圧迫している、筋肉の緊張を緩和させるために、筋・筋膜調整を行います。首の矯正と筋肉の調整を同時にすることで、胸郭出口で神経、血管の圧迫を軽減させ、症状緩和を一層効果的なものにします。

また、コリがひどい方や手のしびれが強い方にはトリガーポイントへの鍼治療を行うことで、本来体が持っている健康な状態を取り戻していきます。

胸郭出口症候群は検査をしても、異常が出にくいので、放置されてしまうこともあります。安静時でも腕がだるい、腕を挙げていると手に痛みやしびれを感じる、手が冷たく感じる、このような、症状でお困りの方は、伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院にご相談ください。

当院独自の骨格・骨盤矯正×筋・筋膜調整×トリガーポイント鍼についてはコチラ!

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院 ご案内

伊勢崎てらい整骨院

伊勢崎てらい整骨院の地図

住所
〒372-0801
群馬県伊勢崎市宮子町3414-6

受付時間 平日午前:9時~12時 午後:15時~20時 土曜午前:9時~12時 午後:14時~17時 休診日:日祝

交通事故専用受付時間 平日は21時まで受付

交通事故専門ダイヤル0120700576

伊勢崎市伊勢崎てらい整骨院までの詳しいアクセス

tel:0270220155

トップへ戻る