四十肩

  • 服を着たり脱いだりする動作で肩が痛む
  • 肩の痛みが強すぎて寝ている途中で起きてしまう
  • 整形外科でレントゲン撮影をしても、肩の痛みの原因がわからない
  • 肩の冷却のために湿布を張っても、痛みが改善しない
  • 腕が地面と垂直状態になる所まで上げることができない

四十肩とは

肩の痛みの中でも、多くの40代に起こりやすい症状が四十肩です。

肩が痛すぎて腕が上がらなくなったり、肩周辺に痛みが生じたりすることは四十肩と言います。

四十肩を放っておくと、睡眠中に痛みを伴い睡眠が浅くなるなど、日常生活にも悪影響を招きます。

さらに、整形外科・病院などでレントゲンを撮っても、そのほとんどが、原因のわからないままで、湿布や薬などの対処で終わってしまうケースなのです。このままでは肩の痛みを抱えたまま残りの人生を過ごすことになります。

 

四十肩の原因

実は、四十肩には多くの原因があります。肩関節は、稼働範囲が広いため、身体の関節の中でも特に不安定な構造をしています。不安定な構造は、肩がはずれるといった脱臼を引き起こしたり、捻挫しやすいなどのケガを負いやすくなります。そのため、不安定な肩関節を支えるために、周辺の様々な筋肉が関節を支え、助け合い、関節のつくりを複雑化させるのです。このように、肩関節は構造が複雑なために、肩の使い方によっては、あらゆる箇所に負担が蓄積します。

肩関節は、日常生活で良く動かす部分でもあり、痛みを感じないわずかな負担が蓄積され、肩関節に10年、20年、30年と蓄積された負担が、結果的に40歳前後で四十肩として痛みを発症します。また、肩関節は多少の痛みを感じても、体重をかけることのない関節なので、使い方にさえ気を付ければ、痛みをカバーして十分生活が送れてしまいます。そして、長期的に放置してしまい、徐々に症状を悪化させるのです。つまり、四十肩の原因は、人によって異なります。筋肉や腱を痛めている事が原因であるかもしれませんし、肩関節の周りの組織が痛みの原因かもしれません。肩関節が固くなっていることが原因の可能性もあります。原因は様々ですので、傷んでいる場所を的確にとらえ、経過を確認しながら、治療することが必要です。

 

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院ならではの四十肩治療法

四十肩の治療は、患者様の根本原因をみつけて、症状、経過から炎症の有無を判断し、現在の身体に適した治療をすることが大切です。筋肉や腱が固くなっている時は、筋・筋膜調整やトリガーポイントはりを治療します。肩関節が固まっている時は、関節モビリゼーションといって関節の動く範囲を広げる治療をします。姿勢が悪く、首の影響で肩が動きにくい方は、首・肩の骨格矯正をします。但し、炎症が起きている時や、痛みがとても強い時は、無理な治療をせずに、電気治療や超音波をかけたりすることもあります。

患者様を悩ませている痛みを出来る限り早く解消するために、五十肩の根本原因みつけて、的確な治療をしていきます。

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院の独自の骨格・骨盤矯正×筋・筋膜調整×トリガーポイント鍼についてはこちらをクリックしてください!

伊勢崎市の伊勢崎てらい整骨院 ご案内

伊勢崎てらい整骨院

伊勢崎てらい整骨院の地図

住所
〒372-0801
群馬県伊勢崎市宮子町3414-6

受付時間 平日午前:9時~12時 午後:15時~20時 土曜午前:9時~12時 午後:14時~17時 休診日:日祝

交通事故専用受付時間 平日は21時まで受付

交通事故専門ダイヤル0120700576

伊勢崎市伊勢崎てらい整骨院までの詳しいアクセス

tel:0270220155

トップへ戻る